うなぎは栄養価が高く縁起のいい食べ物

うなぎは日本ではかなり古くから親しまれており、夏の暑い日や土用の丑の日などに食べられてきました。というのも、栄養価が高く人間に必要不可欠なビタミンが豊富で他にもミネラルやカルシウム、更にはDHAやEPAなども含まれていますので、まさに万能の食べ物と言えるでしょう。今のように栄養素の具体的な名前を意識されていなかった頃でも、うなぎは健康にいいと昔の人々は知っていたのだと考えられます。そのため、高価ですがとても縁起のいい食べ物としても有名です。また、夏バテ解消のほか疲労回復、抗酸化作用による美容効果、動脈硬化の予防なども期待できる最強の食べ物です。

ただしビタミンCは含まれていませんので、ビタミンCを含んでいる食べ物と一緒に摂取すると、より効率よく吸収できると言われています。現在では特に蒲焼は海外のかたにも人気があるほどですので、日本の代表的な食べ物ともいえるでしょう。うなぎは日本の古くからの伝統文化でもあり、食文化でもありますので、よい伝統を受け継いでいくことで運気アップにもつながっていくと考えられます。それだけ日本は恵まれており、魚を食べてきたということでもあるためです。 

栄養のいい食べ物を食べると運気アップに

このようにうなぎも含め、健康に良いとされる食べ物を積極的に摂取していくだけでも運気はアップします。人は健康が資本です。病気になってしまうと全てが悪い方向へと向かいますので、心身ともに健康であることが必要になります。心身が健康ですと余裕ができますので、自然に笑顔が増えてきます。笑顔が増えると、笑顔を向けてくれる人々が集まってきます。

こうして身近によい流れというものは集まってきますので、運気もうなぎのぼりになると考えられます。また、栄養価だけではなく昔の伝統を守ること、そして縁起を担ぐという意味でうなぎを食べても運気はよくなると言われています。特に旬の頃に食べるのもいいと言われています。そして天然うなぎの旬は実は夏ではなく冬だとも言われています。ですが、夏に食べるのは夏バテ防止によく、冬も食べられますので、養殖や天然などにかかわらずに食べることも大切です。現在は天然のニホンウナギは絶滅危惧種に指定されており、保護に向けての対策もとられています。うなぎを取り巻く環境は変わりつつありますが、その分食べるときにはありがたくいただくことができ、子供たちにも習慣として教えていくことができますので、日本の文化を守っていくという点でも運気は上昇につながります。